PC230730

これは、ウェーディングジャケットなんでしょうか?
それとも、ショートレインなんでしょうか…?

実はよく分からないまま、実質ウェーディングジャケットとして使っています。
まあ、実際のところショートレインなんでしょうね。ポケットの配置なんかを見るに。
ウェーディングジャケットとして見ると多少丈が長いため、ディープウェーディングすると裾が水に浸かっていたりします。
内側に丈を調整できるドローコードがあるんですが、使ったことありません。
丈を引き上げる感じになるので、もたついて嫌なんですよ。上からゲームベスト着るとなると、そのもたつきが余計に気になる。
なので、いつもフルレングスで使ってます。

防水透湿ですが、2年弱使っているので、流石に防水機能は若干弱まってきました。
透湿も時期によってはどうしても追いつかない。
まあ、夏場に着るものではないですけど。
近いうちに防水スプレー噴射してみるつもりですが、それでどのくらい防水が回復するかも見ものです。
防寒としては、ペラペラなので大したことはないです。
ただ、風は遮れるのでまあまあ。中に着込めば問題ないでしょう。

PC230733

ポケットは計4つ。普通のジャケットらしく、腰あたりに両サイド。左胸。左腕。
全て止水ファスナーです。
胸ポケットは存外大きく、最近の大振りなスマホも収納可能。
腕ポケットも割りと中は広いですが、腕周りを確保するためには大したものを入れるべきではないでしょう。

PC230736

腰ポケットは裏側が上のように水抜きメッシュになっています。
有り難い反面、ディープウェーディングするとここから浸水します。
レインジャケットとして使う分には問題ないでしょう。

PC230732

袖口は半分がネオプレンになっているので、しっかり閉じることが可能。
ただ、どうしても力がかかりやすいためでしょうか、ネオプレンの端が裂けかけています。
実用の上では問題ない程度ですが、それでもやはり気になるものは気になりますね。

PC230737

継ぎがあたる部分には、全てこのように止水テープで補強されています。
しっかりした造りですね!
でも、この写真を撮影しているときに気付いたんですが、結構止水テープが剥がれかけている部分がありました。
自分で補修できますかね、コレ。今度調べてみます。

PC230734

後ろから見るとこんな感じ。
フードで隠れちゃってますが、首筋あたりに樹脂製のD環があります。用途は不明。

PC230738

フード部分。
前のヒサシ部分に軽く芯が入っていて、視界の確保をしやすい工夫がされていますね。
まあ、私フードがどうにも苦手で、滅多に使わないんですが…。

私の持っているのはLサイズになります。
私の身長、体型が中途半端でして、MとLのちょうど境目くらいなんですが、中に着込むことも考慮してLを選択しました。サイズ感は全く問題なし。

カラーは赤、黒、緑の三色。
欲を言えば、背面等、要所に反射テープを入れて欲しかったですね。
実際にどのくらい役に立つのかは微妙ですが、そういった心遣いはあると嬉しいものです。


最後に…
ちょっと話が外れますが、釣りの際の服の色について。
私は、多少派手な方がいいと思っています。
特に、夜釣りが多い人、ウェーディングなどの危険の可能性がある釣りをする人は。
あんまり黒尽くめですと、闇に紛れて危険なことがあります。
気付かれず、後ろからルアーを投げられるかも知れません。落水時、暗黒の海に同化してしまうかも知れません。
私はウェーディング時のバックライトはあった方がいいと考えています。
本当に真っ暗な場所ではどんな派手な格好をしていても見えない、というのはあるものの、それでも少しでも自分の居場所をアピールしておく方が、安全面では無難ではないかと。

と言いつつ、私がこれを選んだ理由は、アングラーズデザインのレッドステッチが大好きなため、それに合わすためなんですケドね!