最近、Twitterにおけるワタクシの周辺において、「AD党」なる輩が跋扈しているようですね。
まあ、俺なんだけど。
正確には、俺含む十数名。
アングラーズデザイン(略称AD)のライジャケを纏った愚連隊みたいな存在。
しかも、メンバーの殆どが「俺に買わされた」という地獄絵図。
今年一年で既に1ダース近く売ってます。


自分が最初に買ったライジャケはエクストリームⅡ。そして、現在はその後継機であるエクストリームⅢです。
最初のライジャケにエクストリームを選んだこと、当時の自分を褒めてやりたい。
自分はライジャケを買い換える際に「お勧めありますか?」なんて気にする必要がありません。
まず、エクストリームありきで考えるから。
もちろん、他機種のチェックもしますけど。でも、結局エクストリームを買うことになると思います。
そのくらい気に入っているし、不満もないし、他人に対しても自信を持って勧めれる。
個人的に、ライジャケはパズとアングラーズデザインがトップ2だと思っています。で、その2つでも自分にとってはADが一番。

DSC_1171
オプション等を外した状態

腰ベルトはランバーサポートベルトとして別売りになっています。
エクストリームは基本の作りが良いのでフィット感が高いため、なくても意外と大丈夫ですが、やっぱりあると楽。
なるべくセットでの購入を勧めます。

DSC_1172
付けるとこんな感じ

DSC_1173
後ろから

オフィシャルサイトでただ一言、「エクストリームシリーズ共通の背面可動式ポケットは継続しています。」としか書かれていない「背面可動式ポケット」とはナンジャラホイといいますと、

DSC_1174
こうゆうこと

固定されているのは片側のみ。マジックテープ式になっていて、剥がして扉開きに動くんです。

DSC_1175
で、こうなる

背面ポケットが前に回ってくるので、着たままで無理なく背面ポケットの物の出し入れができるんですね。
ワタクシどもはこれを「セナベリ(背中がベリベリするから)「ベリベリ」と呼んでおります(安直)
背面ポケット可動式はマズメや、先日紹介したブルーストームの一部機種に搭載されていますが、それらはオーバーヘッド型。
ミクソプテルスを使って比較すると、こちらの扉開きタイプの方が優れていると思います。

DSC_1181
背面ポケットは3重構造

一番でかいメインポケットにはメイホーの深底タイプが一枚入ります。
ただ、個人的に背面ポケットに重量物入れるのは、あんまり推奨しないんですけどね。
ワタクシは予備フックやワーム袋、ストリンガーなどを入れてることが多いです。
要は、「使うかも知れないけど、使わないかも知れない」物で、かつ「使うとなったらすぐ出し入れしたい」物を入れたい。

DSC_1182


DSC_1180

左肩ベルトにある小ポケット。
買った人は結構みんなここを褒めますね。
エクストリームで唯一、ここが止水ファスナーになっています。
余談ですが、エクストリームⅡはほとんどのポケットが止水ファスナーでした。
おかげで、塩を噛むこと塩を噛むこと
多分、そのへんの声をフィードバックした上での、止水ファスナー減少でしょうね。

DSC_1183
サイドから

エクストリームⅢの特徴として、D環の多さとウェビングがあります。
他のライジャケはある程度オプションを配置する場所が決まってしまっているのに対し、エクストリームはその自由度が格段に高い。
そのため、使い込んでいくと十人十色のエクストリームが育っていくかも知れません。

DSC_1184
左フロントポケット

ここ、このロゴのところ。

DSC_1185
ちょっとポケットになってます

マジックテープのオスが内側にあるため、PEの切れ端なんかを入れておくのに便利。

DSC_1186
俺ちゃんの工夫

フックシャープナーの配置は、自分オリジナル(のつもり)です。
フロントポケット上下に配置されたウェビングを活用し、上で吊って下でブラブラするのを抑える。
あ、ドッグタグは先日導入しました。
もしものときのため、名前と緊急連絡先とかが書いてあります。あと、血液型とか。

DSC_1187
右ポケット

プライヤーホルダーはデフォルトのものから同社オプションのWプライヤーホルダーに変更。
PEシザースを差し込めて便利なんだけど、割とすぐハサミだけ脱落してプラプラする。
改善の余地あるで!(偉そう)

DSC_1188
でもまあ、便利は便利

DSC_1191
フロントメインポケット

メイホーの3010サイズが片側2枚の合計4枚。
まあ、一般的なサイズですね。

DSC_1190
フロントサブポケット

リーダーとか入れてます。
まあ、このへんはどこのメーカーも似たようなもの。

DSC_1192
俺ちゃんの工夫②

ポケットの上のところがループになってたので、そこにナイフ差してます。
紛失防止にストラップ付けて。
邪魔にならず、かつすぐ使えるのでグー。

DSC_1193
サイドにメッシュポケット

メジャーとかの小物入れるには丁度いいけど、なんか自分はあんまり使いませんね。
あ、締め具入れたりはするかな。

DSC_1194

ドリンクホルダーは何故か2個付いてます。

DSC_1195
開くとこんな感じ

DSC_1196

内側がメッシュポケットになってます。
でもまあ、大したものは入りませんけど。
嵩張る物入れたら、多分当たって痛いし。
レスキューホイッスル入れてます。

DSC_1197

で、デフォルトで付属しているコレ。

DSC_1198
コレ

脱着可能なロッドホルダーなんですけど、まあ言っちゃなんですが、要らない子ですね。
1回か2回、試しに使おうとして、要らないと判断しました。

DSC_1199

フロントポケット脇に簡易のロッドホルダーがあるんで、リーダー組むのやルアー交換時はこっち使えばいいし。

容量に関しては全ライジャケで一番だと思います。
なので、ルアーが厳選されきっているシンプルスタイルの人には合わない。
可動背面ポケットを抜きにしても、基本の作りがしっかりしたライジャケです。
知名度の低さ、流通の少なさ故、イマイチ使用者は少ないですが。
個人的にはもっと売れていないのが不思議、そんなライジャケです。


とりあえず、ワタクシが勧めて購入した10数名、みんな満足している感じ。
どうですか? あなたもAD党で人間魚雷に乗りませんか?