DSC_0751

 要するに、先日のコイツのPEカッター部分だけ。

つまり、とても良く切れる。
「プライヤーのカッター使うから要らないよ!」という人には不要。
ただ、端線処理などの精密作業には、当然ながらこちらのが向いています。
先端の尖ったシャープティップと丸いラウンドティップがありますが、お勧めなのはラウンド。

というのも、シマノの製品ページを見れば分かるんですが。

45707_lineup1

シャープ


45720_lineup1
ラウンド

ラウンドの方には柄にランヤードなんかを繋ぐためのアイがあるんですよね。
なんでシャープの方にはこれがないのか謎。
とりあえず、この穴便利なのでラウンドの方がお勧め。

DSC_0752


PEカッターとしましては、先程言ったように非常に優秀です。
シマノプライヤーのPEカッターだけを抽出しましたよ、という感じ。


良いポイントは、そのハンドルの穴の大きさ。
結構大きく取ってあって、グローブを着けたままでも余裕を持って使うことができます。

DSC_0754

DSC_0755
フルフィンガー着けたままでも余裕!

ネックはお値段。
ADプライヤーとPWプライヤーはかなりリーズナブルな価格なのに対し、こちらはPEカッターとしてはかなり強気のお値段。
定価で2500円近く。実売でも2000円ほどします。
ADプライヤーなんて2500円程度ですんでね…、こう、ちょっと二の足踏みますね。

で、シマノのプライヤーホルダーですと、プライヤーとPEシザーを同時に収納できるようになっているんですが、当然の如く綺麗に収まります。

DSC_0759

やっぱり、大人って汚いね!